混じり土の分別で活躍|講習会を受けて販売会社でAED購入|しっかり検討する
ウーマン

講習会を受けて販売会社でAED購入|しっかり検討する

混じり土の分別で活躍

作業員

経費削減に

ふるい機は比較的シンプルな構造の機械ですが、建設現場においては必須といえるほど重要です。コンクリートや木片などガラ混じりの土は廃棄物扱いとなるため、運搬と処分を依頼しなければなりません。一方で、ふるい機を使用して適切に処理した土は、資源として再利用できるのです。ふるい機の費用や手間が不安で導入を見送るケースも見られますが、実はコスト削減に貢献すると理解しましょう。固定式と自走式タイプが選択できるふるい機は、所有している破砕機と組み合わせた利用も可能です。ガラは路盤材として利用でき、ふるい機の分別土は土地造成で再利用できます。つまり、人件費を含めた経費削減を検討する場合、ふるい機の導入が理想といえるでしょう。

導入手段は選べる

導入と活用が経費削減につながるふるい機ですが、アフターサービスが万全な購入先選びも大切です。細やかなメンテナンスが機械の寿命を延ばし、故障時の迅速な対応は作業中断が少なく済みます。近年においてはメーカーや販売店がホームページを設けていますので、購入契約前に事業内容を確認し、比較検討するのも得策です。また、新品のふるい機は手が届かない場合、中古品も視野に入れると入手しやすくなるでしょう。近年においては取引量が増加しているため、早めの交渉がポイントとなります。希望の予算とスペックを設定した上でこまめにチェックを行い、販売店にあらかじめ伝えておくのもひとつの手段です。ふるい機の利用頻度が低い場合は、レンタルも視野に入れると良いでしょう。